社寺建築文化財修理

更新日:2022.08.09

東光寺薬師堂山門修理

東光寺薬師堂山門修理
概要

天台宗
安永3年(1744)建立の仁王門は老朽化が進み、軒の垂下や柱の傾斜及び不陸が顕著になってきていた為、全解体修理を行いました。将来の文化財指定を視野に入れ、可能な限り文化財修理と同等な仕様で修理いたしました。修理完了後の平成30年に秦野市の重要文化財に指定されました。

設計

自社設計

元請・下請

元請

竣工

2017年

屋根

銅板葺

文化財区分

秦野市指定(2018年)

一覧ページへ戻る