社寺建築文化財修理

更新日:2022.08.09

北金目神社本殿修復事業

北金目神社本殿修復事業
概要

江戸時代前期建立の本殿は、向拝桁の折損により軒の垂下が顕著となっていました。軒廻りは獣の糞尿による腐食が著しい為、斗栱より上部を解体し、部材の補修を行った後、組立てを行いました。杮葺のケラバの納まりに特長があり、現状の工法に倣いました。

設計

自社設計

元請・下請

元請

竣工

2019年

屋根

杮葺

文化財区分

平塚市指定重要文化財

一覧ページへ戻る