民俗資料館(旧和田家)補強及び改修工事

民俗資料館(旧和田家)補強及び改修工事1
概要

和田家は、江戸時代に萩園村の村役人を務めた家柄です。この建物は、安政二年(1855)同家11代和田清右衛門によって建てられました。地盤沈下により傾いた主屋をジャッキアップして不陸修正を行い、耐震補強・屋根部分修理が行われました。当社は、木工事、石工事、銅板工事を担当いたしました。

設計

(一社)建築研究振興協会

元請・下請

下請(木工事・石工事・銅板工事)

竣工

2020年

屋根

茅葺・杮葺

文化財区分

茅ヶ崎市指定重要文化財

一覧ページへ戻る